マッサージ店を装い性的サービス提供、プノンペンの売春宿を摘発

マッサージ店を装い性的サービス提供、プノンペンの売春宿を摘発
2022年12月08日 13時23分 公開
マッサージ店を装い性的サービス提供、プノンペンの売春宿を摘発

<写真:Khmer Times>

 

7日、プノンペン警察の人身売買・未成年保護対策部門は地元当局と協力し、マッサージ店を装った売春宿の取り締まりを行い、店主と女性8人を逮捕した。

 

この取り締まりにより未成年2人を含む10人が取り調べを受け、現場からは使用済み・未使用のコンドームが押収された。

 

取り締まりは午後8時30分頃にコンボール区のBorey Piphop Thmeyにあるマッサージ店「Red Rose 168」を含む2店舗で行われた。

 

警察によると、同2店舗は以前から未成年への性的サービスを含む売春を提供していた疑いがある。

 

情報筋は同店舗が以前から客に性的サービスを提供しており、通常のマッサージは1時間2万リエル(約667円)、1回あたりの性交渉費用は20〜25ドル(約2743〜3430円)であったとしている。

 

逮捕された女性8人は取り調べの後、更生のために社会問題・退役軍人・青少年更生省へ引き渡された。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2023 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories