マレーシアに拠点を置く格安航空会社エアアジアは、ビーチを楽しむ観光客の増加に対応するため、クアラルンプールからシアヌークビル国際空港への直行便を正式に開始した。
 
カンボジア空港のプレスリリースによると、乗客180人が搭乗したエアアジア航空の最初のフライトは、午後1:00に離陸し、40分かけてクアラルンプールに到着したという。
 
クアラルンプールからシアヌークビルへ週4回運行するエアアジア便は、マレーシアからカンボジアへの3番目のルートであり、プノンペンやシェムリアップへも毎日運行している。
 
エアアジア航空のスペンサーリー氏は、カンボジアへの航空サービスの拡大に伴い、エアアジア航空はカンボジアの観光部門における中心的存在の1つになったと述べた。
 
「シアヌークビルへの航路は、記念すべき50番目のフルフライトで、我々にとって大きな出来事でありとても興奮している。ASEANの航空会社の軸として、運航しているすべての国々、特に地域内における観光業の取り組みを推進することが我々の義務である。」
 
「カンボジアの沿岸都市は、観光、貿易、経済面で大きな可能性と機会を秘めている。シアヌークビルをさらに発展させるための一員になることができ嬉しく思う」と同氏は付け加えた。
 
「これまで我々がカンボジアで行ってきたことは、地元当事者の助けなしには不可能であり、カンボジアの空港当局の尽力に感謝したい。」
 
「120以上もの目的地を網羅する広大なネットワークにシアヌークビルが追加されたことで、この地方がまだ発見されていないASEANの隠れた側面を体験できる人気の観光地になることを願っている。」
 
エアアジア航空は、ラオスのルアンパバーン、インドネシアのバンダアチェ、インドのブバネーシュワルなどの人気な航路を参考に、シアヌークビルもそのような観光スポットになるよう開発することを目指している。
 
「太陽を浴び、豊かな水源に癒しを求める旅行者は、美しい砂浜、ジャングルの山、マングローブ、海の生き物など、息をのむようなコーロング・サンロームの熱帯の島を見ることができる。シアヌークビルで最も人気のあるオヒテュアルビーチは、レストランやバーがあるナイトスポットを誇っている。」
 
カンボジア空港のエリック・デロベル最高経営責任者は、エアアジア航空のシアヌークビル直行便は、カンボジアの世界各地への接続性を向上させるだろうと語った。
 
「エアアジア航空とのパートナーシップの成功は、さらに一歩前進しており、カンボジアを世界に結びつけるのを促す重要な要素となっている」と同氏は付け加えた。
 
デロベル氏は、カンボジア空港はシアヌークビルへの航空会社の増員を望んでおり、そのために2018年初めに新しい空港ターミナルを開設し、滑走路も整備してより大きな航空機に対応すると述べた。
 
シアヌークビル州観光局のタイン・ソケット・クリスナ局長は、エアアジア航空は、沿岸地域の印象を高め、より多くの観光客、投資および貿易を誘引するのに一役買うと語った。
 
http://www.khmertimeskh.com/
 

【POSTEおすすめナイトスポット】

Raqia Republic Lounge

毎週木曜日はレディースデーを開催!
女性2人以上のご来店で1グループにつきボトルを1本無料でプレゼント!
※ボトルはアブソルートウォッカ、シーバス、ジャックダニエル、サングリアから1本お選びください。
また、毎週水曜日はHeinekenを3本注文すると1本無料でプレゼント!
詳細はこちらをクリック!