観光省の発表によると、昨年就航した日本-カンボジア間の直行便により、カンボジアを訪れる日本人観光客の数が増加しており、2020年までに30万人の東アジア人観光客を誘致するという政府の目標に近づきつつあるという。

昨年9月から成田国際空港とプノンペンが直行便で結ばれ、多くの日本人がカンボジアを訪れてきたとトンコン観光相が語った。

「外国人観光客の増加、特に日本人観光客の増加は、両国間のつながりの直接的な結果である」と同氏は語った。 「特にANAによる日本とカンボジア間の直行便に感謝したい。」

2017年の9ヶ月間、146,000人の日本人がカンボジアを訪れ、前年比6.8%増となっており、国籍別に見ると7番目に多い結果となっている。


「近年の観光業の大きな成果は、カンボジアの観光産業を促進するための政府による空の政策の成果だ」とコン氏は語った。

カンボジアANA支店長の山崎氏は、クメール・タイムズに対し、直行便の発足以来、両国の観光が最高潮に達していると語った。



コン氏は昨年、総額8億ドルにまで日本の投資が増加したことを受けて、来年シェムリアップ州で日本の領事館を設立し、より多くの投資や観光客を誘致すると発表した。

カンボジア旅行協会(CATA)の会長のスィブリン氏は、クメール・タイムズに対し、日本人観光客の増加を歓迎するため、より多くの日本語ツアーを用意することで、滞在の質を向上させることに焦点を当てる必要があると語った。

「日本人観光客を増やすために多くの進歩を遂げたが、まだ日本語ガイドの欠如や観光商品の提供が限られているなど、大きな課題に直面している。」

http://www.khmertimeskh.com/


ポステを見たで15%OFF!
63キズナストリートにある本格インドカレーレストラン
Shiva Shakti
詳しくはこちら>>