<Ratanakkiri州の鉱山労働者の様子(KT/Mai Vireakより)>


4日、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、カンボジア北東部のStung Treng州にある銅と亜鉛の鉱床で採掘を開始する計画を明らかにした。


独立行政法人JOGMECは、日鉄鉱業株式会社と協力し銅と亜鉛の採掘を行う予定だという。


共同通信によると、両社は鉱床調査を行ったという。


4月、カンボジア政府は日鉄鉱業の完全子会社である日鉄鉱業カンボジアに探査権の許可を与えた。


鉱工・エネルギー省とJOGMECは共同地質調査を行う覚書に署名した。JOGMECによると、資源ポテンシャルの高い地区を抽出した上で試錐調査を実施したという。調査により、JOGMECは銅・亜鉛鉱化帯を発見した。


JOGMECとAngkor Gold CorpはOyadao地区南部の都市で共同探査を行うことに締結した。JOGMECは共同探査に300万ドル(約3億3000万円)を投資する予定だという。

 

出典:KHMER TIMES

 

関連記事