カンボジア:新規感染者23人、全て海外からの輸入症例

カンボジア:新規感染者23人、全て海外からの輸入症例
カンボジア:新規感染者23人、全て海外からの輸入症例

<写真:Khmer Times>

 

保健省は25日、カンボジアで23人の新規感染者が確認され、カンボジア国内での新型コロナウイルス感染者は合計で225人となったことを発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

23人の新規感染者のうち8人は、7月23日にインドネシアから2つの便で入国したカンボジア人4人、インドネシア人4人だという。
 

感染が確認されたインドネシア人4人は以前、シアヌークビルに一時居住しており、その後インドネシアに帰国していたという。

4人は現在、Chak Angreヘルスセンターやクメールソビエト友好病院で治療を受けており、同じ便に搭乗していた144人はプノンペンで隔離措置を受けているという。

また、感染が確認されたカンボジア人4人については、Chak Angreヘルスセンターで治療を受けており、同じ便に搭乗していた55人は、空軍基地内の施設で隔離措置を受けているという。

 

他の15人の感染者は、7月19日にマレーシアを経由してエジプトやロシアから帰国した23歳〜38歳のカンボジア人で、7月24日に3回の検査で陽性が確認され、コンポンスプー州立病院で治療を受けているという。

現在、カンボジアでの感染者数は合計225人で、うち82人が治療を受けている。

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


ホットニュース

Choose Classified categories