カンボジアでの製油所建設、中国企業が関心示す

カンボジアでの製油所建設、中国企業が関心示す
2020年10月26日(月)13時02分 公開
カンボジアでの製油所建設、中国企業が関心示す

<写真:The Phnom Penh Post>

 

プノンペンポスト(電子版)の報道によると、鉱業・エネルギー省は、中国を拠点とするハイナン・スターライト・ケミカルが、カンボジアでの製油所建設に関心を示しているという。

カンボジアでは、年内にもシンガポールの新興企業クリスエナジーが、タイ湾沖鉱区Aのアプサラ油田で国内初となる原油の商業生産を開始する予定だ。

 

同省石油総局のCheap Sour局長がプノンペンポストに伝えた内容によると、21日に行われたハイナン・スターライト・ケミカルとスイ・セム鉱業・エネルギー大臣との会談で、同社は製油所の建設に関心を表明した。

これに対し、スイ・セム大臣は投資を歓迎する意向を示したという。

 

また、シアヌークビル州では、カンボジアン・ペトロケミカル(CPC)と中国企業が製油所の建設を手掛けていたものの、Cheap Sour局長によると、合弁事業内の問題で建設工事が中断している。

石油精製所が完成すれば、年間500万トンの石油を生産すると見込まれるという。

 

 

[© poste-kh.com 2016-2020 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories