各国で入国拒否のクルーズ船、カンボジアが受け入れ 乗客下船

各国で入国拒否のクルーズ船、カンボジアが受け入れ 乗客下船
各国で入国拒否のクルーズ船、カンボジアが受け入れ 乗客下船

「ウエステルダム」が13日、カンボジアのシアヌークビルの港に寄港した。

 

このクルーズ船は、2月1日に香港を出港した後、台湾で入港を拒否され、その後、沖縄への入港も日本政府によって拒否されていた。

 

クルーズ船は、13日シアヌークビル自治港に寄港した。船内では20人が発熱や腹痛の症状を訴え、新型コロナウイルス感染の検査を行ったため、乗客は結果が出るまで船内での待機となった。

 

クルーズ船がシアヌークビルに寄港する前、カンボジアの医療チームがクルーズ船に向かい、発熱や腹痛を訴える20人の乗客から検体を採取していた。

 

その後、検体は、新型コロナウイルス感染を検査するため、空輸でパスツール研究所に送られた。

 

13日の夜、保健省の広報担当者はパスツール研究所による検査で全員陰性の結果が出たため、14日の朝から全ての乗客と船員2200人の下船を許可すると伝えた。

 

このクルーズ船には日本人5人が乗っている。シアヌークビル地元当局によると、乗客のうち既に航空券を購入した約500人が最初に下船する方針で、下船後は首都プノンペンに移動し、飛行機でそれぞれの目的地に向かうという。

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

 

関連記事

 

 

 

Line Banner

ホットニュース

Choose Classified categories