新型肺炎でアメリカーASEANサミット延期

新型肺炎でアメリカーASEANサミット延期
新型肺炎でアメリカーASEANサミット延期

2月28日、アメリカは3月14日に予定していたASEANサミットを新型コロナウイルスの感染拡大から延期することを発表した。

 

アメリカのトランプ大統領は東南アジア諸国連合(ASEAN)の指導者10人をラスベガスでの会合に招待していた。

 

ASEANサミットにはトランプ大統領も出席する方針であったが、ASEAN諸国と話し合いの末に延期が決定したという。

 

ASEANサミットでは、主要な地域問題や、世界で2800人以上の死者を出している新型コロナウイルスの拡大防止策が議論されるとみられていた。

 

しかし、新型コロナウイルスの感染が急速に広がり、アメリカでも感染地域への渡航歴のない人の感染が確認されたことから、今回の延期が決まったという。

 

世界に新型コロナウイルスの感染が拡大している中、カンボジア国内での感染者は未だ1人にとどまっている。

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

 

関連記事

Line Banner

ホットニュース

Choose Classified categories