プノンペンで誘拐強盗殺人未遂、容疑者4人を射殺

プノンペンで誘拐強盗殺人未遂、容疑者4人を射殺
2021年03月03日(水)13時20分 公開
プノンペンで誘拐強盗殺人未遂、容疑者4人を射殺

<写真:Unsplash>

 

プノンペンのSen Sok区にゲート・コミュニティ(ゲートで出入りを制限された敷地)の「Borey Angkor」で、強盗誘拐未遂事件が発生し、武装した犯行グループと警察との間で銃撃戦となり、犯行グループの4人が射殺された。

 

犯行グループは、ライフルAK-47とピストル2丁を所持しており、住宅の所有者を誘拐して身代金100万ドルを要求した上で、所有者の家族と家で働く2人の殺害を計画していたという。

警察の報告によると、犯行グループのリーダーとみられるのは、Oem Sovannarith容疑者(21)で、被害者家族の元ドライバーだという。

Sovannarith容疑者は、ドライバーを辞めた後、被害者家族に再びドライバーとして勤務できないかと尋ねたが、既に別のドライバーがいたため断られていた。

 

仕事を断られた容疑者は、被害者家族を誘拐して金品を強盗し、8人の家族と2人の従業員を殺害するため、3人を雇ったという。

しかし、Sovannarith容疑者の計画は被害者家族に知られており、容疑者らが到着した時には警察が待機していたという。

 

犯行計画では被害者一家の娘に銀行からお金を引き出させ、家の中にある金品を強盗した後、10人全員を殺害するつもりだったとしている。

犯行グループは、現場にいた軍警察との銃撃戦の末、4人全員が射殺された。

被害者や周辺住民、警察に怪我はなかったとしている。

 

犯行グループのリーダーのSovannarith容疑者のほか、もう1人の容疑者はRy Pisey容疑者(30)と明かされているものの、残り2人の身元は明らかにされていない。
 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories