中国製ワクチン150万回分がカンボジア到着、政府はさらに購入検討

中国製ワクチン150万回分がカンボジア到着、政府はさらに購入検討
2021年03月26日(金)13時33分 公開
中国製ワクチン150万回分がカンボジア到着、政府はさらに購入検討

<写真:Khmer Times>


26日午前10時20分頃、中国からシノバック製ワクチン150万回分を乗せた貨物航空機がプノンペン国際空港へ到着した。

このワクチンは新型コロナウイルス感染抑制のため、カンボジア政府が中国から購入したものだ。

 

ワクチンは保健省のYork Sambath秘書官、Vongsey Vissoth経済財務省・事務次官が受け取ったという。

また、Sambath秘書官は、政府がさらにシノバック製ワクチン400万回分の購入を検討していることも明らかにしている。

 

同秘書官によると、シノバック製ワクチンは、75%〜85%の有効性があり、シノファーム製ワクチンと同等の効果があると述べた。 

シノファーム製ワクチンについては、アラブ首長国連邦(UAE)が同ワクチンに86%の有効性が認められたと明らかにしている。

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories