プノンペン・ダンコール区で洪水、兵士100人以上が住民救助

プノンペン・ダンコール区で洪水、兵士100人以上が住民救助
2021年10月27日(水)16時25分 公開
プノンペン・ダンコール区で洪水、兵士100人以上が住民救助

<写真:Khmer Times>

 

プノンペン・ダンコール区では、洪水により浸水した住宅で取り残された住民を救助するため、兵士100人以上が出動したという。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

また、当局は救助活動でボート30隻を準備しているという。

 

26日朝、ダンコール区Spean Thmarコミューンでは、数十軒の家屋が浸水し、地元当局が住民の救助を行なったという。

カンボジア国家災害対策委員会のKhun Sokha報道官は、Prampi Makaraダムの水位は9.5mで、プレックタノート川沿いの橋から水が溢れていると述べた。

 

カンダル州のプレックタノート川沿いに住むEl Yanさんは、クメールタイムズに対し、近くにはあまり高台がないため、牛を安全な場所に避難させるのは難しいと話している。

また、プレックタノート川下流の水位が上昇しているため、住民はパゴダの敷地に移動する準備を整えているという。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories