ストゥンレン州の刑務所で受刑者7人が脱獄 ラオスに逃走か

ストゥンレン州の刑務所で受刑者7人が脱獄 ラオスに逃走か
2021年11月10日(水)15時22分 公開
ストゥンレン州の刑務所で受刑者7人が脱獄 ラオスに逃走か

8日午前3時頃、ストゥンレン州の刑務所で受刑者7人が脱獄する事件が発生した。

同日、複数メディアが報じた。

 

これを受け、サーケン内務大臣は受刑者がどのように脱獄したのかを調査するための委員会を設立し、刑務所省(GDP)のChhem Savuth氏が同大臣に壁に穴を開けて脱獄したと報告したという。

 

脱獄した受刑者のうち、6人が麻薬の密売、1人が加重窃盗・拷問の容疑で服役していたという。

麻薬の密売による受刑者のうちの1人は、麻薬密売組織のリーダーで、終身刑が科されていた。

 

警察の情報筋によると、この事件の首謀者は麻薬密売人で、他の共犯者らと道具を使って部屋から抜け出したとされている。

部屋を離れた後、7人は桶や棒を使って壁に穴を開けて刑務所の外へ脱出した。

これに気づいた警備員が銃を発砲したものの、捕まえることはできなかったという。

 

クメールタイムズは9日、7人はラオスへと逃走したとみられていることから、逮捕された場合には別の罪にも問われると報じた。

刑務官を含む警察らは、関連する国境当局と協力して、7人の行方を追っているという。
 

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories