フンセン首相、1月にミャンマーやスイスなど4カ国を訪問へ

フンセン首相、1月にミャンマーやスイスなど4カ国を訪問へ
2021年12月17日 14時04分 公開
フンセン首相、1月にミャンマーやスイスなど4カ国を訪問へ

<写真:Khmer Times>

 

フンセン首相は来年1月、外国との友好関係や国際協力、貿易関係、経済的結びつき、観光、投資などを発展させるため、少なくとも4カ国を訪問するという。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

フンセン首相は15日に行われた「ハイアット・リージェンシー・ホテル・プノンペン」での開業式で諸外国への訪問を明かしたものの、外務省は詳細を明かしていない。

フンセン首相によると、1月に訪問する国はミャンマー、スロベニア、スイス、アラブ首長国連邦(UAE)だという。

 

フンセン首相は、ミャンマーのミン・アウン・フライン国軍総司令官から招待されているとし、1月7日、8日に訪問する予定だという。

1月14日、15日には、スロベニアを公式訪問し、その後スイスでの世界経済フォーラムに参加。

復路の途中にドバイに立ち寄り、国際博覧会に参加するという。

 

首相は11月に開催されたアジア欧州会合第13回首脳会合でストベニアについて、主要パートナーの1カ国だとしていた。

その後、スイスのダボスで世界経済フォーラムに参加し、国際的な経済的関係や貿易、観光、投資などのさらなる発展を図るという。

 

世界経済フォーラムの主催者によると2022年は、「信頼を取り戻すために一致協力を」をテーマに、1月17日(月)~21日(金)まで開催されるという。

この総会では、ビジネス、政府、市民社会のリーダーが集結し、新型コロナウイルス感染症により悪化した経済、環境、政治、社会における分断の解決を目指す。

 

アラブ首長国連邦で行われているドバイ国際博覧会では、カンボジアの王宮の様子や伝統的な衣装が紹介されているという。

同博覧会は、10月1日〜3月31日まで開催され、世界192の国・地域から2500万人が訪れると見込まれている。

 

フンセン首相は、ミャンマーへの訪問について、ASEANからミャンマーに派遣する特使に、自国の外相であるプラック・ソコン外務大臣を任命すると発表。

同外務大臣の他、チャム・プラシッド産業大臣を含む代表団と訪問すると述べた。

一方で、 現在、特使にはブルネイの第二外相が任命されており、ASEANからは特使を変更するとの声明は出ていない。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories