フンセン首相:国内でオミクロン株確認も社会経済活動を継続

フンセン首相:国内でオミクロン株確認も社会経済活動を継続
2021年12月27日 15時05分 公開
フンセン首相:国内でオミクロン株確認も社会経済活動を継続

<写真:Khmer Times>

 

フンセン首相は、カンボジア国内でオミクロン株の感染が確認されたものの、11月1日から再開した社会経済活動を継続すると発言した。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

フンセン首相はプノンペン国際空港で行われたオーストラリア政府が供与したファイザー製ワクチン78万3000回分の引き渡し式に参加し、これについて言及した。

フンセン首相によると、26日にオミクロン株感染者15人が確認されたという。

 

15人全員が輸入症例だとし、これにより国内のオミクロン株感染者は計31人に上った。

そのうちの3人については、すでに回復しているという。

 

フンセン首相は国民に対し、パニックにならずに手指の洗浄・消毒、マスクの着用、ソーシャル・ディスタンス(1.5m)の確保、密閉空間を避けること、人混みを避けること、他人との接触を避けることの「3つのDoと3つのDon't」の励行を始めとする感染防止策を遵守するよう呼びかけた。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories