隔離施設で殺人事件、3人を起訴:バッタンバン

隔離施設で殺人事件、3人を起訴:バッタンバン
2022年01月05日(水)16時14分 公開
隔離施設で殺人事件、3人を起訴:バッタンバン

<写真:Khmer Times>

 

1月1日、バッタンバン州の隔離施設で殺人事件が発生し、1人が死亡した。

警察は容疑者3人を特定しており、1人を逮捕したものの、2人は逃走中だという。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

Sampov Loun地区の警察によると、容疑者はMao Sina容疑者(29)、Ly Sokha容疑者(29)、Tin Shinhean容疑者(25)で、タイで出稼ぎをしていたという。

殺害されたのは23歳男性で、同じくタイで出稼ぎをしていたとされている。

 

警察は1月3日にSina容疑者を逮捕し、殺人の容疑で起訴した。

現在逃走中の、Sokha容疑者とShinhean容疑者については、刑法第29条「共犯の定義」と第199条の「殺人」の罪に問われている。

 

警察の捜査によると、殺人事件はタイから出稼ぎ労働者約10人が帰国した1月1日午後9時頃にSampov Loun地区の隔離施設で発生したという。

被害者が施設内で飲酒をしていた際、酔っ払って容疑者らと口論になり、容疑者らが被害者の喉を切りつけ殺害したという。

その後、容疑者らは隔離施設から逃走していた。

事件の発生を受け、警察が容疑者3人の捜索を行い、Sina容疑者は自宅で逮捕されていた。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories