カンボジア、1月〜3月は薬物犯罪者減少も押収量は約3倍に

カンボジア、1月〜3月は薬物犯罪者減少も押収量は約3倍に
2022年04月04日(月)11時55分 公開
カンボジア、1月〜3月は薬物犯罪者減少も押収量は約3倍に

<写真:Khmer Times>

 

反薬物部門によると、2022年1月〜3月の間で、カンボジア国内で逮捕された薬物犯罪者の数は減少したものの、押収される麻薬の量は増加しているという。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

1月〜3月の間、当局は薬物犯罪計1598件に関与した容疑者計3697人を逮捕した。

昨年同時期と比較すると、それぞれ19%、18%の減少が見られた。

 

また、当局は違法薬物計1.5トンとピストル5丁、ライフル6丁を押収した。

報告によると、昨年同時期に押収された薬物の量は579キロだったという。

 

カンボジア国家麻薬取締局(NACD)のKe Kim Yan局長は、同局の年次会議で当局は新型コロナウイルスにより、薬物犯罪の取り締まりが困難になっていると述べた。

反薬物部門によると、2021年には薬物犯罪計6242件の取り締まりで容疑者1万3765件を取り締まり、覚醒剤やヘロイン、エクスタシー、ケタミンなどの麻薬計4.43トンを押収したという。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories