カンボジア米連盟(CRF)は、カンボジアの名産品である”香り米"に関する新しい認証資格”Malys Angkor”を発表した。

カンボジア米連盟(CRF)、商業省、農業省は月曜日、プノンペンで開催された米農業フォーラムの際に、一連の発表を行った。

CRFによると、Malys Angkorは米のブランドであるphka romduol、phka chansensor、phka romdeng、phkarome、phka khnei、phka malisの傘名となっている。

CRFのソク・プシヴィー会長は、今回のブランディング戦略はカンボジアの米に対する評価と需要を高める上で重要であると語った。

新しい認証資格を作ることで、製品の品質基準を満たし、国内の特定地域での生産が期待できるとのことだ。

ソク氏は、「現在、Malys Angkorのロゴとブランドを宣伝するためのマーケティングキャンペーンを開始している。」と語った。

カンボジアの有力な米輸出企業の一つであるBayon Cereal社のディレクターであるヨン・ソヴァン氏は、この新しいブランドが海外のカンボジア産米バイヤーの間での信頼を高め、新しい認証マークが高い生産基準を保証するため、購入契約の交渉を促進するだろうとコメントした。

「カンボジアには今まで独自の米ブランドがなかった。今、私たちは国産ブランド米を獲得し、この成果を非常に誇りに思っている。」

Amru Rice社の担当者は、Malys Angkorのブランドは、カンボジア産の米と輸入米とを区別するのに役立つと語った。

「カンボジア産であることを特定するブランド名がなければ、顧客はカンボジアの米を買おうとしても迷ってしまう。」

「Malys Angkorのブランドは、国際市場の中でカンボジア産の米であることを容易に示すことができる。」

2017年、カンボジアは約1,000万トンの米を生産し、かなりの量が余剰として貯蔵された。

同年、カンボジアは2016年度から17.3%増の63万トン以上の米を輸出し、 60カ国以上がカンボジアの米を購入した。

http://www.khmertimeskh.com/
 


カンボジアの社会や政治の最新情報を知りたい。
カンボジアのトレンドに結構興味があるけど、どうしたらいいのだろう?

ポステのLINE@ではそんなあなたのお役に立ちたいと思い

・知っておくべき3つのニュースを毎日配信!
・行きたいレストランを簡単検索!
・お得なプロモーション情報随時配信!

など、カンボジアで生活する上で必要な情報が盛り沢山。


あなたの知りたいがここにあります。