<Kwai川にかかる橋はタイで最も有名な鉄道だが、カンボジアへの新しいアクセス路線という意味を持つ(AP通信/ファイル)>

 

ベトナム戦争時の痕跡が脇道に残っている。

 

1975年にアメリカとカンボジアの同盟軍がポル・ポトのクメール・ルージュ軍に敗れてから45年ぶりに、タイ・バンコクからカンボジア国境までを結ぶ鉄道が開通した。

 

今回のカンボジア-タイを結ぶ鉄道の開通より、権威主義的指導者により統治され、敵対していた両国は今後、貿易やその他の結びつきを促進することを誓い合った。

 

出典:Cambodiadaily 

 

関連記事