<警察官と有罪判決を受けたStephen John Loryman容疑者が一緒に座っている様子(写真提供:Koh Santepheap)>

 

9日、プノンペン市裁判所は、昨年Chbar Ampov地区で未成年者に対するわいせつ行為の容疑で逮捕されたイギリス国籍の男性に懲役1年3ヶ月の有罪判決を言い渡した。

 

Stephen John Loryman容疑者(57歳)の弁護人であるBun Chan Heng氏は11日、裁判所が容疑者の刑期を3ヶ月を延長した明らかにした。

 

Heng氏によると、私立学校で英語を教えていたLoryman容疑者は、11月、少年たちの両親にお金を払い、Chbar Ampov地区にある同容疑者のアパートで少年たちと一緒にいたところ逮捕されたとという。

 

Chan Heng氏は、同容疑者が未成年者に対してわいせつ行為を行ったとして有罪判決を受けたと明らかにした。

 

「裁判評議会はLoryman容疑者に対し、3ヶ月延長した懲役15ヶ月を言い渡した。判決は審査員に裁量があるため、これ以上コメントはない」とHeng氏は語った。

 

11日、国際NGO団体のAction Pour les Enfants(APLE)の声明によると、昨年9月に児童虐待に関する2つの匿名情報提供を受け、Loryman容疑者のアパートでの未成年に対する虐待が判明したという。

 

また、同声明では虐待を調査するため、カンボジア国家警察と協力して行われたという。

 

「Loryman容疑者は被害者2人に1500ドル(約15万円)を支払うよう命じられ、750ドル(約7万9000円)の罰金を科された。また、容疑者は刑期を完了した後も3年はカンボジアへの入国を禁止された」」とAPLEの児童保護専門家であるKhoem Vando氏は声明で述べた。

 

Loryman容疑者は、Phnom Penh市の反人身売買および少年保護警察に逮捕された。9〜13歳の6人の子供が同容疑者のアパートにて性的虐待を受けていた。

 

Vando氏は、Loryman容疑者がアパートを借り、ストリートボーイ数人を連れ込んでいたと述べた。

 

Loryman容疑者は、少年たちに英語を教え、食事の提供、学費の支援や自身のアパートで遊ぶことを許可し、虐待を行う前に少年たちから信頼を得ていたと語った。

 

出典:Khmer Times

 

関連記事