クメール正月期間、暴風雨で住宅100棟以上が被害に

クメール正月期間、暴風雨で住宅100棟以上が被害に
2019年04月19日(金)00時00分 公開
クメール正月期間、暴風雨で住宅100棟以上が被害に

クメール正月期間中、バンテイメンチェイ州とシェムリアップ州で暴風雨が発生し、住宅100棟以上の家屋が損壊した。

 

バンテイメンチェイ州Phnom Srok地区のYot Sophal警察長は、15日(月)に発生した激しい暴風雨により、Phnom Srok地区、Svay Chek地区、Monkol Borie地区内の90以上の家屋が被害にあったと報告した。

 

「今回の自然災害による人的被害はなかった。当局は直ちに家屋を失った住民への住宅提供と家屋の補修支援を行わなければならない」と同氏は述べた。

 

18日(木)朝には、シェムリアップ州の3地域を激しい暴風雨が襲い、Banteay Srey地区、Thmar Pouk地区、シェムリアップ市の30棟以上の家屋が被害にあった。

 

国家警察は、住民への被害はないと報告した。

 

首相は、住民の生活を危険に晒すことになる4月の暴風雨と干ばつについて警告した。

 

損壊した家屋は、地元当局が補修支援に当たるという。

 

国家防災委員会(NCDM)によると、今年はすでに29の暴風が観測されたという。

 

これまでの稲光により、3人死亡し、4人が負傷した。また暴風雨により、75の家屋が崩壊し、440の家屋、8つの校舎、95の露店が被害を受けたという。

 

出典:Khmer Times

 

関連記事

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。
Line Banner

ホットニュース

Choose Classified categories