カンボジアで新たにコロナ感染者、水曜に帰国の男性

カンボジアで新たにコロナ感染者、水曜に帰国の男性
カンボジアで新たにコロナ感染者、水曜に帰国の男性

<写真:Khmer Times>

 

21日、保健省は新たに新型コロナウイルス感染者を確認したことを発表した。

感染が確認されたのは、カンポット州のKampong Trach区に住む男性(26)で、韓国からプノンペンに到着したと見られている。

 

 

男性は20日(水)の午後10時にカンボジアへ到着したとされている。男性の搭乗した便には他62人が搭乗していたという。

搭乗客のうち、韓国人23人、日本人3人、カンボジア人34人、ベルギー人と台湾人、オランダ人がそれぞれ1人ずつ搭乗していた。

 

保健省によると、フライトに搭乗していた全ての乗客はプノンペン国際空港の近くの隔離施設へ送られ、検査のため検体を採取したという。

乗客のうち、26歳の男性の感染が確認され、男性は治療のためクメール・ソビエト友好病院へと送られた。

残りの62人に関しては、プノンペンのホテルで14日間隔離措置が講じられるという。

 

カンボジア政府は先週、感染が確認されていた122人全員が治癒し、死亡者は出ていないことを報告していた。

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


ホットニュース

Choose Classified categories