カンボジア:コロナ感染確認、アメリカから帰国の男性

カンボジア:コロナ感染確認、アメリカから帰国の男性
カンボジア:コロナ感染確認、アメリカから帰国の男性

<写真:Khmer Times>

 

23日、保健省が発行したプレスリリースによると、新たに新型コロナウイルス感染者が見つかり、カンボジア国内での感染者が合計で130人となった。

感染が確認されたのは、6月21日にアメリカから帰国したアメリカ在住のアメリカ系カンボジア人男性(66)で14日間の自主隔離をしていたものの、6月22日に感染が確認された。

男性は現在、クメールソビエト友好病院で治療を受けているという。

 

男性が搭乗していた航空機には、カンボジア人89人、外国人23人の合計112人が搭乗しており、そのほかの乗客は全員陰性で14日間の隔離措置が講じられているという。

1月下旬にシアヌークビルで初の感染者が確認されてからプノンペンをはじめ13の州で感染が確認されている。

また、4月12日以降は海外から帰国したカンボジア人を含めた輸入症例となっている。

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


ホットニュース

Choose Classified categories