カンボジア:2か月で国民の8%がワクチン接種

カンボジア:2か月で国民の8%がワクチン接種
2021年04月23日(金)13時13分 公開
カンボジア:2か月で国民の8%がワクチン接種

<写真:Khmer Times>

 

保健省によると、カンボジア国内で新型コロナウイルスワクチンの1回目の接種を行った人は22日時点で約130万人にものぼったという。

 

接種開始から2ヶ月程度で、国民の約8%にあたる127万7688人が1回目のワクチンを接種したこととなり、そのうち98万3145人が民間人、29万4543人が軍人だという。

ワクチンを接種した人はシノファーム、シノバック 、アストラゼネカ製のいずれかのワクチンを接種したとされる。

 

カンボジア政府は今年中に1000万回分のワクチン接種を行うことを目標にしている。

そのため、政府はさらに800万回のワクチンを注文しており、そのうちの4月17日にシノバック製ワクチン50万回分がカンボジアに到着した。

 

フンセン首相によると、カンボジアは5月にさらに150万回分、6月に300万回分、7月に200万回分、8月に100万回分のワクチンを受け取る方針だという。

ワクチン接種は2月10日から開始されたワクチン接種プログラムは、急速に進んでいたものの、ロックダウンにより医療従事者が接種会場へ移動できず3日間停止されていた。


一方で、保健省は厳格なロックダウンが講じられているレッドゾーンの住人を含み、1回目の接種を受けた人に対して、接種会場まで移動し、2回目の接種を受けることを許可している。

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories