絶滅危惧種のマルスッポン100匹、メコン川に放流

絶滅危惧種のマルスッポン100匹、メコン川に放流
2021年05月24日(月)15時58分 公開
絶滅危惧種のマルスッポン100匹、メコン川に放流

<写真:Khmer Times>

 

クラチエ州サンボー地区で、絶滅の危機に瀕しているマルスッポン100匹がメコン川に放流された。

このマルスッポンの放流は、世界亀の日である23日に、水産局とクラチエ州農林水産局の協力で野生動物保護協会(WCS)によって行われた。

 

野生動物保護協会によると、2021年の産卵期に産卵地保護チームは巣66個で卵2528個を発見したという。

5月21日時点で、そのうち49個の巣で子ガメ1081匹が孵化している。

 

うち、968匹は既に放流されたという。

昨年に確認されたのは巣49個から卵1756個だったため、今年は大幅な増加がみられた。
 

マルスッポンは、別名「カエル顔のスッポン」とも呼ばれるカンボジアではとても希少な種だ。

体の大きさは1メートル以上になることがあり、100年以上生きるものもいるという。

 

カンボジアでは北部の北部ではメコン川に沿った約50キロの範囲にしか生息していない。

かつては豊富にいたが、数十年にわたって卵が食用目的で乱獲されたため、個体数が激減。絶滅したとも言われていた。

 

しかし2018年末、クラチエ州の人気レストランの店主のもとに、地元の漁師たちがメコン川で生きたスッポンを捕ったので、買ってほしいと訪ねてきた。

そのスッポンを見た店主は重さや頭の形などから、絶滅したと言われるスッポンではないかと思い、食べるためではなく保護するためにそのスッポンを購入。

 

その後、店主はメコン・カメ保護センターにこのスッポンを持ち込み、絶滅危機に瀕しているマルスッポンであることが分かったという。

このマルスッポンは、繁殖年齢に達したメスであることがわかり、メコン・カメ保護センターが3カ月間世話をした後、野生に返されていた。

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories