カンボジア国籍取得めぐり76万ドルの特別背任容疑、男性の裁判始まる

カンボジア国籍取得めぐり76万ドルの特別背任容疑、男性の裁判始まる
2021年06月30日(水)16時46分 公開
カンボジア国籍取得めぐり76万ドルの特別背任容疑、男性の裁判始まる

<写真:Khmer Times>

 

プノンペンの裁判所は29日、総額76万ドル(約8400万円)の特別背任の罪に問われている「Goldwell Co Ltd 」元ゼネラルマネージャーSin Davuth被告の裁判が開始された。

Davuth被告(44)はプノンペンRussei Keo地区居住で、2019年に中国人3人がカンボジア国籍を取得するために支払った76万ドル(約8400万円)をめぐって1月27日に逮捕されていた。

 

この裁判の原告は「Goldwell Co Ltd 」会長のChan Kam Fung Jones氏(45)。

Chan氏はカンボジア人女性と結婚してカンボジア国籍を取得している。

 

Heng Pheng副検察官によると、Davuth被告は刑法393条の「取締役及びその他の人による特別背任」の罪に問われており、有罪となれば2年以上5年以下の拘禁刑が科されるという。

 

Pheng副検察官はDavuth被告は2018年末から2019年8月までChan氏のもとで働いていたという。

2019年8月にDavuth被告は「Goldwell Co Ltd 」の株主である中国人3人のカンボジア国籍を取得するようChan氏から依頼されていたという。

 

Davuth被告は中国人3人の国籍取得について、1人につき約27万ドル(約2980万円)が必要だとし、支払いから90日以内にカンボジア国籍を取得することを約束していた。

しかし、Davuth被告は約束の90日以内にカンボジア国籍を取得できなかったという。

 

そこで、Chan氏がDavuth被告に支払った金額を返済するよう求めると、Davuth被告はそれを拒んだという。

29日の裁判で、Davuth被告は自身の容疑を否認しており、Chan氏から受け取った金額は76万ドルではなく60万ドルで、60万ドルは関係当局への支払いですでに使ったと主張した。

 

Davuth被告は、3人のうち2人はすでにカンボジア国籍を取得したが、残りの1人は新型コロナウイルスの影響で当局者と面会することができず、国籍が取得できなかったとした。

また、Davuth被告は裁判で、原告であるChan氏は金額を誇張しているため、起訴を取り下げて釈放するよう裁判所に求めた。

 

裁判の判決は7月16日に下される予定だ。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories