東京オリンピック、カンボジアからは3人が出場

東京オリンピック、カンボジアからは3人が出場
2021年07月16日(金)16時29分 公開
東京オリンピック、カンボジアからは3人が出場

<写真:Khmer Times>

 

7月23日から開催される東京オリンピックに、カンボジアからは選手3人が出場するという。

 

出場するのは水泳のHem Puch選手(22)、Khoeun Bunpich Morakad選手(17)、陸上競技のPen Sokong選手(28)。

水泳選手2人は50メートル自由形、陸上競技の選手は100メートルにワイルドカード(主催者推薦枠)で出場する。

 

ワイルドカードとは、発展途上の国の振興を手助けするため、特別に出場を認める制度のこと。

通常、オリンピック予選に参加しながら、1枠も出場枠を獲得することのできなかった国に与えられている。

 

カンボジア水泳連盟のHem Kiry氏によると、現在、Hem Puch選手は50メートル自由形で24.92秒、Khoeun Bunpich Morakad選手は29.99秒の自己ベストを記録しているという。

また、Pen Sokong選手は100mで10.87秒の記録を出している。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories