日本人男性の控訴審、男性の要請を棄却

日本人男性の控訴審、男性の要請を棄却
2021年09月29日(水)15時05分 公開
日本人男性の控訴審、男性の要請を棄却

<写真:Khmer Times>

 

昨年に日本へ違法薬物を密輸しようとした容疑で逮捕されていた73歳の日本人男性が刑期短縮を求めていたことについて、プノンペン控訴裁判所はこれを棄却した。

 

男性は、昨年2月に観光客としてカンボジアへ入国し、約2kgの結晶性メタンフェタミンを持ち、日本へ密輸しようとしたとして逮捕されていた。

男性は昨年10月22日、プノンペン市裁判所から懲役25年を言い渡されており、自身が高齢で慢性疾患を持っているため、可能な限り服役する期間を短くして欲しいと求めたという。

 

Pov Phousun裁判長は、押収された薬物の量から、男性は終身刑が科されるところ、高齢であることから刑期を25年にしたと述べた。

そのため、昨年10年22日に下された刑期25年を支持するとした。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories