タイ・エアアジア、カンボジア便を再開へ

タイ・エアアジア、カンボジア便を再開へ
2021年11月17日(水)15時15分 公開
タイ・エアアジア、カンボジア便を再開へ

15日、タイ・エアアジアがプノンペン線を含む国際線の運航再開を発表した。

 

まずは12月22日からモルディブ線を再開させ、近日中にはバンコク~プノンペン線の運航スケジュールを発表する予定だという。

また、今年第4四半期から来年第1四半期にかけてマレーシア、シンガポール、ベトナム、インド、香港などへの国際線も順次開始するとしている。

 

タイ・エアアジアのCEOであるSantisuk Klongchaiya氏は、同航空会社は11月中、需要が回復し始めて定員の40%で60便を運航したが、人々が出費により慎重になっていることから今後も緩やかな成長が見込まれると述べた。

 

タイ・エアアジアが運航する国内線については、先月から徐々に路線・本数を増やしており、10月には1日あたり20~30便、運用機材は10機程度だったが、11月に入ってからは1日あたり40~50便を運航し、機材を20機、路線数を36路線にまで拡大しているという。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories