プノンペン:新常態でカラオケ、バー、クラブなどの営業再開を許可

プノンペン:新常態でカラオケ、バー、クラブなどの営業再開を許可
2021年12月01日 13時30分 公開
プノンペン:新常態でカラオケ、バー、クラブなどの営業再開を許可

<写真:AKP>

 

11月30日、プノンペン都はカラオケやバー、ナイトクラブなどの感染リスクが高いとされるビジネスの再開を許可することを発表した。

11月29日、プノンペン都はカラオケやバーなどの営業停止を12月5日まで延長するとしていたが、これを取り消す形となった。

 

新しい指示によると、営業再開が許可されるビジネスに対しては感染防止策を遵守することやワクチン接種カードの提示が求められるという。

規定に違反していた場合には、ライセンスの剥奪や閉鎖措置が講じられる可能性がある。

また、違反者個人に対しては、行政処分と法的制裁の両方の対象となる可能性があるという。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories