クメール正月中、観光客が約353億円を出費 カンボジア

クメール正月中、観光客が約353億円を出費 カンボジア
2022年04月22日(金)15時08分 公開
クメール正月中、観光客が約353億円を出費 カンボジア

<写真:Khmer Times>

 

観光省の情報によると、2022年のクメール正月期間中に、カンボジア全体で517万人の観光客が約2億7500万ドル(約353億円)を費やした。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。
 

内訳は、国際観光が約2億6400万ドル(約338億円)、国内観光で1170万ドル(約15億円)となっている。

 

宿泊客による出費は計1億8600万ドル(約238億円)で、平均値は家族旅行で161ドル/日(402ドル/旅行)、グループ旅行で294ドル/日(735ドル/旅行)、単独客で45ドル/日(108ドル/旅行)であった。

また、日帰り客による出費は計7800万ドル(約100億円)で、平均値は1人あたり22ドルとなった。

 

トンコン観光大臣によると、最も高い観光収入を得た地域はコンポンチャム州で5400万ドル(約69億円)、シアヌークビル州で4800万ドル(約61億円)、バッタンバン州で3100万ドル(約40億円)、シェムリアップ州で3000万ドル(約38億円)である。

経済係数を考慮した場合、クメール正月中の国内観光客の支出は、国家経済に約5.5億ドル(​​約704億円)の収入をもたらすという。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories