米格付け会社:カンボジアのGDPは6.3%に拡大すると予測

米格付け会社:カンボジアのGDPは6.3%に拡大すると予測
2022年07月22日(金)13時21分 公開
米格付け会社:カンボジアのGDPは6.3%に拡大すると予測

<写真:Unsplash>

 

米国の格付け会社である「スタンダード・アンド・プア(S&P)」は、カンボジアの国内総生産(GDP)が今年6.3%に拡大し、世界銀行や国際通貨基金、アジア開発銀行の予測よりも高くなると予測している。

 

プノンペンポスト(電子版)が報じた。

 

国際機関は、原油やその他の商品価格が世界的に上昇していることを受け、GDP成長率が4.5%〜6%程度になると予測している。

 

S&Pの報告書「Global Banking Outlook Midyear 2022」によると、カンボジアの経済回復が進んでおり、市場のコンセンサスは2020年に3.1%に縮小した後、2021年には3.1%に回復した。

 

また、同国のワクチン接種プログラムは特筆すべき成功を収め、外国投資の再開と再活性化を促進したとしている。

 

一方で、外的な逆風と地政学的なリスクにより、過去20年間に見られた年平均8%の成長を達成することは困難であると予測されている。

 

カンボジア国立銀行(NBC)のChea Chanto総裁は、世界は新型コロナウイルスの発生以降、インフレ率の上昇、資本フローの変動、通貨圧力など新たな問題に直面しており、世界経済の成長を鈍化させていると指摘した。

 

同氏は2022年上半期の業績を報告する会議で、燃料やガス、肥料、農産物などの原材料の主要輸出国であるロシア・ウクライナ間の戦争の長期化および、その後のロシアへの制裁が世界の石油・食糧価格を引き上げていることを強調した。

 

また、カンボジアでは21日時点で人口の94.45%に相当する国民が新型コロナウイルスのワクチン接種を受けており、感染率が他の国に比べて低いことが、国内の経済活動を着実に後押ししていると続けた。

 

製造業では、輸出向けの製造業製品が引き続き成長し、国内市場向けの製造業製品も急速に増加した。

 

観光部門については、政府がカンボジアへの外国人観光客に対する入国規制を解除したことで、ペースは遅いものの、観光客数が増加し前向きに回復している。

 

農業部門ついては緩やかな成長を続け、食糧価格上昇の圧力緩和に寄与し、経済成長を下支えしている。

 

Chanto氏によると、カンボジアは世界的な原油・食料価格の高騰の影響を受け、インフレ率が上昇を続け、5月には7.2%と過去10年以上の最高水準となっている。

 

このような状況の中、NBCはインフレ圧力を抑制し、経済成長の回復を支援するための金融政策を打ち出している。

 

同氏は「インフレ圧力を抑制するため、為替レートはリエル通貨の購買力だけではなく、弱い立場の人々の所得を保護するために維持されてきた」と述べている。

 

一方、S&Pは2021年末時点で、再編成された融資の総額は銀行システム融資の約12.9%を形成していることを指摘した。

 

再編ローンのかなりの割合が、衣料品、観光、建設、輸送・物流など、パンデミックの影響を受けた部門であった。

 

同氏は銀行セクターの不良債権比率が、再建計画の延長によって2022年には2.5%とわずかに上昇すると予想しており、「再編されたローンの約10分の1〜8分の1は脆弱で、借り手はモラトリアムが切れた後も返済を再開できない可能性がある。特に観光と不動産部門の回復が遅れれば、2023年に不良債権比率が3~4%に上昇する可能性がある」と推測している。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories