カンボジア、入国者数が昨年比約500%増も19年より74%減

カンボジア、入国者数が昨年比約500%増も19年より74%減
2022年08月10日(水)13時11分 公開
カンボジア、入国者数が昨年比約500%増も19年より74%減

<写真:Khmer Times>

 

カンボジア民間航空庁のSin Chanserivutha報道官は、2021年上半期と比較して同国への入国者が500%増加したことを明らかにした。クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

2022年1月〜7月の総旅客数は90万8059人で前年同時期より500%近く増加したが、2019年同時期と比較すると74%の減少となった。

 

昨年からの増加は、カンボジアが「ニューノーマル」に従って航空旅行を円滑にするためのあらゆる措置や障壁を取り除き、旅客数や航空機の輸送数が徐々に増加したことによるものである。

 

同報道官は、便数の増加はカンボジアが新型コロナウイルス流行前の水準に向けて成長軌道に戻りつつあることを示すものであると述べた。

 

2022年7月末時点(2022年1月~7月期)の着陸・離陸回数は合計1万2550回で、前年同期比110%以上の増加となったが、新型コロナウイルス以前の同期間(2019年7月)と比べると70%減少した。

 

Chanserivutha報道官によると、2019年は航空会社51社が運航し、2022年7月時点では26社が運航している。

 

同報道官は、カンボジアの航空交通量が回復して2019年と同等になるのは、現状で行けば世界的な回復の流れに沿う形で2023年末から2024年初頭になると予測している。

 

観光省の報告によると、2022年上半期にカンボジアへ入国した国際観光客は計50万6762人で、2021年同期と比較して394.1%増加し、前年同期と比較して84.8%減少した。

 

空路でカンボジアに入国した観光客については44万637人で、2021年同期と比較して420.3%増加、2019年同期と比較して89.8%減少している。

 

陸路からの入国者は26万1515人、水路からの入国者は4610人であった。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories