グラブ、プノンペンで日用品配送サービスGrabMartを開始

グラブ、プノンペンで日用品配送サービスGrabMartを開始
グラブ、プノンペンで日用品配送サービスGrabMartを開始

<写真:The Phnom Penh Post>

 

シンガポールを拠点とし、東南アジア各国で配車サービスを提供するGrab Holdings Incの子会社であるGrab(グラブ)カンボジアが先週、プノンペンでオンデマンドの日用品配送サービスGrabMartを立ち上げた。

GrabMartは、日用品を家の前まで届けてくれるサービスで、プノンペンではDelishop.AsiaやDeliMarket.asia、Nham24.comなどの類似したサービスが提供されている。

 

 

グラブ・カンボジアによると、デリバリーサービスはアプリからアクセスでき、日用品、包装食品、医療品、美容製品、ギフトなどを注文することができるという。

配達は1時間以内とされている。

 

新たに追加されたGrabMartに住所を入力すると、現在地付近のThai Huot、Kiwi Mart、U-Care Pharmacy、Winest Cambodiaなどを含む店舗から購入できる商品が表示されるという。

GrabMartのサービス開始の初期段階では、プノンペンのボンケンコン、トゥールトンポン、ダウンペン、トゥールコークの各地区と一部の隣接する地域でのみが利用可能になるという。

グラブによると、Grab Martの支払いは現金のみで、最大購入金額は40ドルだという。
 

新型コロナウイルス感染拡大影響を受け、Nham24では食材や日用品のデリバリー需要が急激に増加したという。

また、先月には配車アプリTADAがデリバリーサービスの開始を発表していた。

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


ホットニュース

Choose Classified categories