新型コロナ陽性で治療拒否 逃げ出した男性を逮捕

新型コロナ陽性で治療拒否 逃げ出した男性を逮捕
2021年05月31日(月)16時41分 公開
新型コロナ陽性で治療拒否 逃げ出した男性を逮捕

<写真:Khmer Times>

 

プノンペン郊外のプレークプノウ区にあるKork Roka保健センターで、新型コロナウイルスへの感染が確認された男性が、病院や医療施設への入院手続きを拒否し、その場から逃げ出す事件が発生した。

この男性はセンソック区Kork Khleang村在住のChea Keaさん(39)で、軍により捕まえられた。

 

プノンペン市警察とプレークプノウ区軍警察の医療チームから通報を受け、保健省の医療チームとの協力で、治安当局は同区のChres村に逃走した男性を提訴したという。

また、警察や医師は男性に治療の重要性や逃走の罰則などについて説明したものの、男性は治療を拒否し当局に向かって石を投げて攻撃したという。

この男性は最終的に医師らと車に乗車し、 「Hun Sen Borei High School Covid-19 Hospital」での治療に同意したという。

 

カンボジアでは、治療から逃げ出した人には1年〜5年の禁錮刑と500万〜2000万リエル(約13万5000〜54万円)の罰金が科される。

一方で、感染させた場合には5年〜10年の禁錮刑が科されるという。

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories