エレべーターが落下し建設作業員4人死亡、1人負傷 シアヌークビル

エレべーターが落下し建設作業員4人死亡、1人負傷 シアヌークビル
2022年05月23日(月)13時31分 公開
エレべーターが落下し建設作業員4人死亡、1人負傷 シアヌークビル

<写真:The Phnom Penh Post>

 

シアヌーク州でエレベーターが15階から落下し、建設作業員4人が死亡、1人が入院する事故が発生し、当局はビルの所有者と請負業者の行方を追っている。

プノンペンポスト(電子版)が報じた。

 

この事故は20日朝、第3コミューンのSete 通りにある建設現場で発生した。

 

州警察のChuon Narin署長によると、死亡者のうち3人は現場で即死し、もう1人は同州リフェラル病院へ搬送された後に死亡が確認された。

 

負傷した労働者は、集中治療のためにプノンペンのカンボジア・中国友好プレアコサマック病院に移送された。

 

同署長によると、事件が発生した建物の所有者はカンボジア人であり、建設予定の21階建てコンドミニアムは19階まで建設が進んでいる。

 

事故発生後、警察は現場責任者にビルの管理について取り調べを行った。

 

現在ビルの所有者と請負業者を捜し、管理体制を確かめている段階で、これ以上の詳細は明らかになっていない。

 

州労働職業訓練局のYov Khemara局長によると、同局は州政府と協力して事件調査を行なっている。

 

同局長によると、同エレベーターは建築基準法で資材運搬のみに使用が許可されていたが、大量のセメントと作業員が一緒に乗降を行なったため、過負荷により15階でケーブルが切断された。

 

現場は国家社会保険基金(NSSF)に登録されておらず、責任はビルの所有者にある。

 

まだ公式な捜査結果が未発表のため交渉は未成立であるが、同局長がどのような補償が行われるかの調停に協力しているという。

 

同州では今年始めに建設現場で感電死が1件確認されており、今回の事故が今年2件目の産業事故となった。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories