2歳の連れ子が泣く煩わしさから殺害、男性に禁錮20年の判決

2歳の連れ子が泣く煩わしさから殺害、男性に禁錮20年の判決
2022年05月25日(水)15時02分 公開
2歳の連れ子が泣く煩わしさから殺害、男性に禁錮20年の判決

<写真:Khmer Times>

 

 

男性(29)が、「泣いていて煩わしい」という理由から、2歳の連れ子を殺害したとして禁錮刑20年に処された。

 

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

プノンペン市裁判所のSin Sovanrath裁判長は24日、Sok Ratha被告に対し、禁固刑に併せ被害者の祖父に4000万リエル(約12万5000円)の賠償金を支払うことを命じた。

 

裁判資料によると、Ratha被告はプノンペン都ミエンチェイ区の賃貸住宅に妻(27)と連れ子と一緒に住んでいた。

 

Ratha被告は、昨年6月30日に​​ストゥンミエンチェイ第2町で逮捕され、刑法第202条に基づき「被害者に関する刑の加重情状を有する殺人」の罪で起訴された。

 

同裁判長は、Ratha被告が子供を殺したのは「いつも泣いていて煩わしく」、腹を立てたからだと述べた。

 

殺害当時、妻は留守だったという。


Ratha被告は法廷外で記者団に対し、判決はあまりにも過大で受け入れられないとし、刑期短縮のためにプノンペン控訴裁判所に上訴すると述べている。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories