23年は5歳未満の発育阻害と消耗症の削減を目標 カンボジア農村部

23年は5歳未満の発育阻害と消耗症の削減を目標 カンボジア農村部
2022年05月30日(月)13時47分 公開
23年は5歳未満の発育阻害と消耗症の削減を目標 カンボジア農村部

<写真:The Phnom Penh Post>

 

農業農村開発評議会(CARD)によると、清潔な水と衛生設備へのアクセス不足の問題は、5歳未満の子どもの発育阻害と消耗症の主な原因の1つとなっており、政府と関連組織はこのカテゴリー2つの削減を2023年の目標として設定した。

 

プノンペンポスト(電子版)が報じた。

 

CARDの通称W&N SWGとして知られる「水・衛生・保健(WASH)と栄養サブワーキンググループ」は、「栄養に配慮した給水・衛生改善サービス」プロジェクトの一環として、5月24日〜27日までコンポントム州およびシェムリアップ州で視察を行った。

 

この4日間に渡る視察で、W&N SWGの共同議長であるChea Samnang氏は、5歳未満の子供の32%が発育不良、10%が死亡している原因として、清潔な水と衛生の不足が挙げられると述べた。

 

また、清潔な水と衛生の不足において明らかな問題である4つの主要指標を挙げ「農村部の世帯のうち29%が野外排泄の習慣がある。乳幼児の排泄物の処理や、動物の排泄物の不適切な処理は、土や水、食べ物だけでなく、人間の病気の感染源となることが多い」と述べた。

 

また、農村部世帯の41%が基本的な水道を利用できていないこと、84%が安全な水道を利用できていないこと、23%が水と石鹸を使った手洗い設備を持っていないことを指摘した。

 

同氏は、W&N SWGが2023年の国家目標として、5歳未満の子どもの発育阻害率を32%から25%、死亡率を2023年に10%から8%に減らすことを掲げていると述べた。

 

同氏によると、CARDはこのプロジェクトのために全州を訪問することを目標としているという。

 

カンボジアのユニセフは、同国はWASHの目標達成に向けて着実に前進しているが、国内の最貧困層の農村部では10人に8人がトイレを使用せず、畑や水辺などの空き地で排泄しているとして、取り組みは不十分であると述べた。

 

さらに、「子どもたちはコミュニティや学校で清潔な水やトイレ、手洗い施設を利用できないため、予防可能な衛生や水に関連する原因で発育不良や死亡が続いている。特に農村部では、人々は適切な衛生設備と衛生の重要性について非常に限られた知識しか持っていない。」と述べている。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories