国内で毎年1万5000人以上がタバコにより死亡:WHOカンボジア

国内で毎年1万5000人以上がタバコにより死亡:WHOカンボジア
2022年06月02日(木)14時35分 公開
国内で毎年1万5000人以上がタバコにより死亡:WHOカンボジア

<写真:Khmer Times>

 

1日、WHOカンボジア事務局のLi Ailan局長は、カンボジアでは毎年1万5000人以上が喫煙に関連する病気によって死亡していると述べた。

 

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

同局長は、「タバコ産業が環境に与える有害な影響は膨大で拡大しており、すでに不足している地球の資源と脆弱な生態系に圧力を加えている。世界で毎年800万人以上、カンボジア国内だけでも毎年1万5000人がタバコによって命を落としている」とソーシャルメディアに投稿した。

 

WHOは、5月31日の世界禁煙デーを記念したニュースリリースで、禁煙環境はカンボジアの観光体験を向上させ、禁煙観光の推進は危険な受動喫煙や有害なタバコ製品の廃棄物から接客業、観光客、地域の環境を守るのに役立つと述べている。

 

タバコの煙には7000もの化学物質が含まれており、そのうちのいくつかはガンの原因になることが知られている。

 

さらに、二酸化炭素やメタン、亜酸化窒素という温室効果ガスも含まれているという。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories