カンボジア:2022年上半期の関税収入は12億9300万ドル

カンボジア:2022年上半期の関税収入は12億9300万ドル
2022年07月08日(金)11時41分 公開
カンボジア:2022年上半期の関税収入は12億9300万ドル

<写真:Khmer Times>

 

関税消費税総局(GDCE)は、上半期に今年の財政計画の50.1%に当たる12億9300万ドル(約1753億6506万円)の関税収入を得た。

 

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

同局のKhun Nhim局長は7日、「徴収された所得は2022年の財政計画の約半分を占め、これは徴税の良好なパフォーマンスを反映している」と述べた。

 

同局長によると、関税・物品税の収入源のトップは自動車と機械で43%だった。

 

カンボジアは1月〜5月の間に17億2600万ドル(約2342億1043万円)の税収を得ており、昨年同期と比較して27.95%の増加が見られた。

 

フンセン首相は先月末、内需と輸入の増加に伴い、6月だけで全税源から5億ドル(約678 億4775万円)近くを徴収したと発表している。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories