カンボジア:2023年の最低賃金は200ドル

カンボジア:2023年の最低賃金は200ドル
2022年09月22日(木)17時47分 公開
カンボジア:2023年の最低賃金は200ドル

<写真:Khmer Times>

 

カンボジア労働省のIth Samheng大臣は21日、同国の縫製・製靴・旅行用品部門で働く労働者の最低賃金について、現在の194ドルから200ドルに引き上げることを発表した。この賃上げは2023年1月1日から適用される。

 

同発表は全国最低賃金委員会が来年の最低賃金を月額198ドルとし、政府によって2ドルの上乗せが議決された後に行われた。

 

51人の評議員には政府や製造業団体、労働組合の代表が含まれている。

 

賃金以外にも同部門の労働者は出勤のための交通費や家賃、年功序列ボーナスなど、月21〜32ドルのフリンジベネフィットを受け取る。

 

縫製・製靴・旅行用品部門はカンボジアにとって最大の外貨獲得源である。国内には約1100の工場と支店があり、約75万人の労働者(大半が女性)が従事する。

 

労働者5万人以上を代表する労働組合のPav Sina会長は「今回の賃上げは組合が要求した215ドルには及ばなかったが、労働者の生活向上に向けた大きな一歩である。新しい最低賃金は受け入れられるものである」と述べた。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories