シアヌークビル州の広報担当であるOr Saroeun氏によると、シアヌークビルの海岸で、州職員と地元住民は77トンのホテイアオイ(水草の1種)を回収したという。

 

<シアヌークビルの海岸にある数トンのホテイアオイ(水草の1種)>


14日、同氏はThe Phnom Penh Postの取材に対し、9日からホテイアオイは州にある複数の海岸に浮かんでいたと話した。


同氏は「我々がO’chheutalビーチから回収したホテイアオイは77トンにも上った。我々は、O’tresビーチやEk Reachビーチなど他のビーチに押し寄せるホテイアオイの除去もつづける予定だ」と話した。シアヌークビルの郊外にある埋立地に、多くのゴミが残されたと気づいたという。

 

先週、シアヌークビル州により公開された文書によるとホテイアオイは10月9日に隣国から流れ着いたそうだ。

 

文書の中には「隣国から漂流した海水やビーチの質を低下させるホテイアオイに心配はしなくてよい」とも書かれている。


「水草の侵入は美しい海を短期間汚すだけで、一度ゴミを完全に取り除けば通常に戻る」とも記載されている。


ホテイアオイは厚くて幅の広い、円形の葉をもつ流動性が高い水草で、水面で成長すると1メートル近くにもなる。水位を超えて1.5メートル近くに成長することもあるという。十分な栄養があれば2週間で2倍にも成長する。


ホテイアオイは水路を遮断し、それにより水流や排水システムに影響が出たり、沈泥や洪水が増加したりするという。ホテイアオイはアマゾン原産だが、幅広い地域の気候や水質状況に耐性があり、世界中で増殖している。


「その他の要因」


シアヌークビル州では、ホテイアオイ以外で海水の水質を低下させる汚染物質の出現に対する懸念が高まっている。


12日、国土整備・都市化・建設省のChea Sophara大臣、観光省のThong Khon大臣、環境省のSay Sam Al大臣はシアヌークビルを訪問し、水質汚染の問題に取り組む姿勢を示した。


専門家の調査や話し合いに基づき、大臣らは海岸への汚染を防止するための3つの指針を作成した。


指針には、O’chheutealに16ヘクタールの浄水場の再建、O’cham NaやO’chhne Pram Pi Choanに貯水場とポンプの建設、水流で水を浄化するフィルターシステムの準備が含まれているという。今回の計画はO’mariyuから開始される予定だ。


環境省の広報担当であるNeth Pheaktra氏は「大臣らはシアヌークビルの美しい海を汚す水質汚染に対抗する解決策を発見した」と話した。


持続的な海外からの投資によりシアヌークビルでの工事が急増しており、発展により環境問題を引き起こしたという。


多くの建設計画で最終的に廃棄物が海水に捨てられることで、海水が汚染されてしまった。

 

出典:The Phnom Penh Post

 

関連記事