フンセン首相:ライオンを保護センターから飼い主へ戻すことに同意

フンセン首相:ライオンを保護センターから飼い主へ戻すことに同意
2021年07月05日(月)15時25分 公開
フンセン首相:ライオンを保護センターから飼い主へ戻すことに同意

<写真:Khmer Times>

 

プノンペンのヴィラで飼育され、6月27日にプノンタマウ野生生物保護センターへ移送されたライオンについて、フンセン首相は4日、ライオンを飼い主の元へ戻すことに同意した。

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

フンセン首相は、自身のフェイスブック(Facebook)で、ベン・サホン農林水産大臣と協議し、ライオンを飼い主の元へ戻すことに同意したと述べた。

これにはヴィラに居住する人や近隣の安全を確保するため、保護柵を適切に設けることが条件になっているという。

 

このライオンは中国人男性が以前中国で購入し、森林局に許可を得ずにカンボジアへ輸入していたことから、男性に罰金3万ドル(約330万円)が科されていた。

フンセン首相によると、この罰金については飼い主の中国人男性へと返済される予定だという。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories