労働職業訓練大臣が日本カンボジア協会と会談、増加する投資に謝意

労働職業訓練大臣が日本カンボジア協会と会談、増加する投資に謝意
2022年04月27日(水)13時59分 公開
労働職業訓練大臣が日本カンボジア協会と会談、増加する投資に謝意

<写真:AKP>

 

26日、イット・ソムヘーン労働職業訓練大臣は、日本カンボジア協会代表団との会談の中で、カンボジアの労働者に近代的な技術と技能の向上をもたらす日本の投資を高く評価した。

情報省が伝えた。

同日、​​労働職業訓練省で行われた日本カンボジア協会の会談には、 元駐カンボジア大使である高橋文明会長が率いる代表団が出席した。

 

ソムヘーン大臣は、カンボジアにおける日本の投資家の数が、農業、工業、銀行、サービス、建設、不動産、スーパーマーケットなど、多くの分野で増加していることに言及した上で、日本側に対し、日本で働くカンボジアの熟練労働者だけでなく、実習生の数も増やすように促した。

これに対し、高橋会長は雇用や職業訓練の最新情報とカンボジアでの投資機会を共有したソムヘーン大臣に感謝の意を示し、実習生に関する提案を検討するとした。
 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories