プノンペン市役所、ゴミ収集料を支払わなければ名前公表や起訴と警告

プノンペン市役所、ゴミ収集料を支払わなければ名前公表や起訴と警告
2022年06月17日(金)17時23分 公開
プノンペン市役所、ゴミ収集料を支払わなければ名前公表や起訴と警告

<写真:Khmer Times>

 

 

プノンペン市役所は16日、2021年11月に導入された固形廃棄物処理サービスの徴収料金を多数の住民や企業が未払いである状況を受け、今後料金を支払わない場合には公に氏名を公表すると警告した。

 

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

プノンペンのKhuon Sreng知事は15日、住宅所有者、事業主、サービス提供者、公共・民間機関の一部の人々が徴収料金を支払っている一方で、未払いの人々が多数いることが判明したと述べた。

 

同知事によると、行政は出来るだけ早く料金を支払うよう人々に促しており、支払わない場合にはソーシャルメディアなどで違反者の名前を公表するとともに、債務を記録して起訴し、企業やその他のサービスに関しては、一時的な閉鎖を行う可能性があるとした。

 

Teuk Thlaコミューンの事業主であるSok Rin氏は、クメールタイムズの取材に対して「住民はゴミ収集料を支払う義務がある。料金を払わなければ誰がゴミを回収するのだろうか。また、居住区ではゴミ収集の状況が悪化し、ゴミの山ができて悪臭を放っており、定期的なゴミ収集にもっと注意を払う必要がある。」と語った。

 

環境省のNeth Sopheaktra報道官によると、カンボジアでは毎日1万トン以上の廃棄物が排出されており、プノンペンだけでも1日に2700〜3000トンが排出されている。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories