カンボジア:上半期は薬物の逮捕者・押収量が増加

カンボジア:上半期は薬物の逮捕者・押収量が増加
2022年07月04日(月)11時30分 公開
カンボジア:上半期は薬物の逮捕者・押収量が増加

<写真:Khmer Times>

 

反薬物警察局の発表によると、2022年上半期のカンボジアでは薬物犯罪の逮捕・押収件数が急増した。

 

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

同報告書によると、当局が今年1〜6月に摘発した麻薬関連の容疑者は7654人で、前年同期の7259人から5.4%増加した。また、約3.12トンの違法薬物が押収され、前年同期の850kgから3.7倍に増加した。

 

今年上半期で押収された麻薬は、ヘロイン、エクスタシー、コカイン、メタンフェタミンの結晶、メタンフェタミン錠剤、カチノン、ケタミンなどであった。

 

報告書によると、上半期に容疑者から押収された麻薬原料は約185トンで、その他ピストル16丁、ライフル23丁、自動車67台、バイク686台、電話2653台、計り189台、現金なども押収されている。

 

フンセン首相は、「違法薬物との闘いは優先事項である」として、協力して取り組むよう呼びかけている。

 

また、各省庁、機関、宗教団体、民間企業に対して、違法薬物の影響に関する教育を継続して行うように促した。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories