カンボジア政府、在住外国人のアンコール遺跡公園入場料無料化を検討

カンボジア政府、在住外国人のアンコール遺跡公園入場料無料化を検討
2022年08月05日(金)16時09分 公開
カンボジア政府、在住外国人のアンコール遺跡公園入場料無料化を検討

<写真:Khmer Times>

 

カンボジア政府は3日、同国に2年以上居住・勤務している外国人を対象として、アンコール遺跡公園への入場料無料化を検討していることを明らかにした。

 

クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

アンコール遺跡公園を訪れる外国人は通常、1日券(37ドル)、3日券(62ドル)、7日券(72ドル)いずれかのチケットを購入する必要がある。

 

観光省のTop Sopheak報道官によると、入場料無料化は政府方針であり、当局が計画について議論し、実施詳細についての最終決定を行っているところである。

 

3日夜、首相府で行われたカタールのムハンマド・ビン・アブドルラフマン・アール・サーニー・カタール国外務大臣との実務会談でフンセン首相は、新型コロナウイルスの感染拡大以前には毎年660万人以上であった観光客が、今ではわずか100万人に落ち込んでいることについて言及した。

 

同首相によると、カンボジアは年間約1500万人の観光客受け入れを目標としており、入国に関する多くの条件を免除し、より多くの観光客が訪問できるように促す予定である。

 

アンコール遺跡観光チケットセンター(アンコールエンタープライズ)が7月1日に発表したプレスリリースによると、 今年上半期にアンコール遺跡公園を訪れた外国人観光客数の総数は約5万9983人で、チケットの売り上げは計242万1081ドル(約3億2261万円)に達したという。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories