カンボジア 1月〜7月は薬物犯罪者、押収量が増加

カンボジア 1月〜7月は薬物犯罪者、押収量が増加
2022年08月15日(月)15時43分 公開
カンボジア 1月〜7月は薬物犯罪者、押収量が増加

<写真:Khmer Times>

 

カンボジア反薬物警察局(ADP)が13日に発表した報告書によると、2022年1月〜7月の期間中、カンボジアでは薬物事犯の検挙数と押収量が共に増加した。クメールタイムズ(電子版)が報じた。

 

当局は同期間中に薬物犯罪で容疑者9151人を逮捕し、逮捕者の数は昨年同期の7876人から16%増加した。

 

また、約3.27トンの薬物を押収し、押収量は昨年同期と比較して963キロから約240%の増加が見られた。

 

同期間中に押収された麻薬はヘロイン、覚せい剤、コカイン、メタンフェタミン、カチノン、ケタミンなどであった。

 

薬物犯罪に関連して麻薬原料約201トン、ピストル17丁、ライフル31丁、自動車74台、バイク821台、電話3099台、はかり228台、金銭が押収されている。

 

フンセン首相は、違法薬物との闘いは最優先事項であるとし、違法薬物を取り締まるよう呼びかけた。

 

カンボジアでは麻薬密売に対する死刑判決はなく、80グラムを超える違法薬物の売買で有罪となった場合には、終身刑に処される可能性がある。

 

 

 

[© poste-kh.com 2016-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

ホットニュース

Choose Classified categories